はるっぴ王国 ~Haruppi Kingdom~

HKT48、特に”はるっぴ”こと兒玉遥さんのあれこれやAKB48グループに関する話題を綴ります。

はるっぴと一緒に夢を見る仲間募集中!

メロっぴよ、紳士たれ!

先程15時で投票が締め切られました。
今年は長い選挙戦だったように感じます。

いつにもましてモバイル勧誘を頑張ったせいかもしれません。

果たして結果はどうでしょうか?

一応得票は60000票±5000と見積もってます。
あとはライバルたちの動向次第。

本店若手、栄、選抜ボーダーは今年も激戦です。

さて、ここで提言。
「メロっぴよ、紳士(淑女)たれ!」
です。


有名な話ですがジャイアンツの選手には肝に命じなければならない言葉があります。
「巨人軍よ、紳士たれ!」
そうあって欲しいし、そう努めてきた選手逹が人気球団を支えてきました。
強いだけじゃダメ。
紳士じゃなきゃね。

同じことを兒玉遥ファンにも求めます。

誰がどんな順位でも選挙が終わればみんな同じ48Gのファンです。
健闘を称え合いましょう。

そして紳士的振る舞いがきっと幸運をもたらすこともあるでしょう。
明日、現地の会場にはAKBの現場は初めてっていう超ライトな新潟の方々が
いらっしゃるでしょう。
その人達に兒玉さんのファンは、HKTのファンは、AKBグループのファンは
素晴らしいって思ってもらえるような振る舞いをしましょう。

明日の歓喜を願いつつ
遠足の前日のようなワクワクした気持ちで明日を迎えましょう。

去年までのような出口調査は今回ちょっと出来そうにないので
後日、メロっぴの現状把握のアンケートだけをしたいと思います。

人事を尽くして天命を待つ…
毎年、この時間は不安しかないです(笑)


勝つと思うな思えば負けよ

みなさん、ご機嫌うるわしゅうございます。
やっと2週間ぶりの休みです。

SHOWROOM配信は気になるものの、モバイル投票部隊へ
今年も召集の伝令に明け暮れております。
(兼、名古屋への引っ越し報告も)
幸いはるっぴのSR配信は短時間なのでぶっちゃけ助かりますw

ってなわけで「勝つと思うな思えば負けよ」
美空ひばりさんの『柔』の歌詞が有名ですが、
昨年、選抜入り確実と言われながらも652票に泣いたはるっぴ&メロっぴ
直後、あれこれ考えたりブログの参考にネットサーフィンしてるなかで
凄く奥が深い記事を見つけたので、先ずはこちらを参照願います。

「HUNTER×HUNTERと徒然草に学ぶ『勝っちゃダメ』な理由」

さて、勝とうと思って戦うのではなく、負けないように戦うことが大事だとお分かりいただけたと思います。

では、現時点でうちらが負ける要素を考えていきましょう。

最初は通常盤を買わなすぎ問題から

こちらが「翼はいらない」のサウンドスキャンの店舗販売データから都道府県別売上順位です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00038764-exp-musi

1位:東京 17.2%
2位:愛知 8.0%
3位:神奈川 6.9%
4位:大阪 6.3%
5位:埼玉 6.0%
6位:千葉 5.2%
7位:北海道 4.4%
8位:福岡 3.9%
9位:新潟 2.8%
10位:兵庫 2.7%

このトップ10で全体の63.3%

その地域の人が100%地元のグループへ投票するわけではありませんが
エリアブロックごとに分けると(愛知、福岡、新潟は他県不明につき単独標示)

関東 35.3%
関西 9.0%
愛知 8.0%
福岡 3.9%
新潟 2.8%

関東の票は全グループにそれぞれ分散しているとはいえ
関西と愛知に遅れをとっている現状が明らかになりました。

福岡が姉妹グループのない北海道を0.5%も下回っている結果から
次のような推測が出来ます。

・福岡も北海道も個別握手会に遠征しない人にとっては本店の全握がメインの現場
・しかし福岡在住では多くのファンがHKTに流れた。
・流れたファンは1票投じるなら単価の安いモバイル票、特にHKTモバイルなら
既に加入している人が多い
・一方北海道ではモバイル加入における劇場申し込み枠の恩恵が薄いのでCDを1枚買う方が有意義

結果
北海道>福岡
という売上順位となったと思われます。
(どちらも人口はざっと500万人だと考えてください)

新潟とも1.1%のアドバンテージしかなく、人口比で考えれば
まさに博多ヲタ、本店通常盤買わなすぎ問題です。
また、驚異的なのは愛知の8%
本番で順位を上げてくるのはやはりSKEだと言わざるを得ません。

今年はモバイル票が10票になりモバイル重視戦法が各陣営でも叫ばれていますが
モバイル票を重視しすぎてCD票が疎かになってはいないでしょうか?
博多のファンにとっては劇場盤に票がついてからの経験が殆どなので
選挙戦も劇場盤個別申し込みで始まる印象が強いですが、
最初の総選挙から戦ってきたAKBとSKEのファンにとっては
総選挙が発表されてタイトル未定の段階でCDショップに初回盤の予約を入れるところから
が選挙戦なのだということでしょう。

私が名古屋で買った十数枚分は兒玉さんに行くとはいえ、
「本店のCDいらない」って思って1枚も買ってない人、
この差が後々大きくなりますからね~
(おまけの写真やタイプ別の収録内容をチェックして購入しましょう!ちよりのソロ企画もありますよ)


さて、次

SNS全盛の昨今、
マメに発信されてる方には本当に頭が下がります。

しかし、人によってははるっぴ関連の情報をリツイートしてれば発信してる気になるし、
拡散に協力して自分も選挙戦を頑張ってるって思ってる人もいるように見受けられます。
でも、この時期、ヲタ間の情報拡散よりも、力をいれるべきはドブ板選挙です。
モバイル10票は手間も時間もかかります。
ならばせめて操作がしやすいHKTモバイル、モバメでの2票だけでも勧誘しませんか?
声かける前に諦めてませんか?
経験上、意外と女子の方が協力してくれたりしますよ。

そのときに「1票投じるだけで6/18のテレビが俄然面白くなるよ!」ってアピールは
思いの外、翌年の依頼しやすさに繋がりますのでお忘れなく。

このドブ板による票の掘り起こしが勝敗を決しかねない状況です。



次にオークションなどによる票の買い付け

今年はちーふぁむの知り合いに指値で事前買い付けをしていた人もまあまあいるんじゃないでしょうか?
このような信頼できる相手との表に出ない票の売買が一番確実ですね。

オークションの方は道義的にどうなのっていう気持ちもありますが、
これって冷静に考えれば実は有限の票数しか出品されないわけで
買い逃すと他の誰かの陣営に回ります。
相場の見極めも必要なので慣れてる人は個人で、不慣れな人は選対への拠出でいいと思います。
本音は握手した人が握手した相手に投じて欲しいって思いますが、
うちらが買わなかった票はきっとうちらのライバルの票になっちゃいます。



最後に柱!
柱の伸び方が今年は鈍い印象がありますが、終盤、手軽に票を確保するにはやはり
二本柱の会ですね。

増やした会員番号の増え方で他の人も柱をたててるんだなって実感するときもあります。
個人的に選挙期間ではない時期に1度とある時間(前の投稿参照w)に柱を立てたことがあります。
次の日の同じ時間にもう一本立てたら、思ってた以上に会員数が増えててビックリした覚えがあります。



以上のようにありとあらゆる手段を考えて最後の最後まで
負けない手を打っていきましょう。


危機感ばかり煽って申し訳ありませんが
今年はボーダーがどのくらい上がるか(上がるのは間違いないので)不安しかありません。
345000票とかネタのような票数にマジな陣営もありますから、
想像以上にボーダーが上がると仮定しても、それをさらに越えてくるかもしれません。
なので今年に関してはボーダーを意識せず、個人個人がベストを尽くすことが負けない唯一の方法かと思う次第です。

本当に気を抜いたら負ける勝負です。

んで、ここで「リンゲルマン効果」のお話し

参考http://www.cocoro-skip.com/sp/shinri/170005.html

票数が何万ってなってくると、
「俺一人ぐらいのこの1票は別に関係ないだろ」
と、思う人、恐らくというか、絶対いるはずです!

気を引き締めるために、あなたにこの言葉を贈ります。
はるっぴを押し上げるのはあなただ!

選対でもなく僕でもなく彼でもなく
あなただ!


メロっぴ教徒の朝は早い…

3:46 はるっぴターイム!!



image

博多の方角へ向かって、はるっぴチュッチュ!(´ε`)
も一つチュッチュ!!(´ε`)
おまけにチュッチュヽ(o´3`o)ノ

今日もおつとめ投票、ポチッとな♪






このようにメロっぴ♡の朝は早い…

朝が早いのか、夜が遅いのかは人によりけりだが、
はるっぴタイムはとても神聖な時間だ。
これがキモヲタ…もとい、
敬虔なるメロっぴ教徒の信仰の実態である。

一度(ひとたび)「はるっぴタイム!」の文言を唱えれば、
寿命が3日伸びるというのは有名な話で、
司馬遷の「史記」にも記述があるとかないとか、徐福伝説で探し求めた秘薬は実は、
はるっぴタイムを欠かさず唱えることだったというのは
かの、I田D作しぇんしぇいも認めざるを得ない歴実だったという…




(ソンナコトナイヨー!)



というわけで、
さあ、投票〆切まで1週間を切りました。
最終コーナーを曲がって残すところあと僅かとなりました。
己がしんどい時は回りもしんどい!

しんどい時こそ体力よりも変態力!

はるっぴの為ならこんな集金祭りで馬鹿になれる私たちですから、
世間的には充分すぎる変態であります。

そう!
我ら変態なり、我らに勝機アリ!
って事です…


今年こそイケる!

今年こそ勝てる!











そう思ったそこのあなた!






「勝つと思うな!思えば負けよ…」




現時点の推計だと、今年も負けるぜ?


全然です。

現時点でやっと選抜のボーダーが見えてるだけ

別に単に危機感を煽るためにハッタリをかましてるわけじゃありません。
状況的には某巨大掲示板に【悲報】スレが建つレベル

この件について、もう少し次の投稿で説明します。
が、こんな時間(←さっき神聖な時間とか言ってたくせにw)に
予約投稿じゃなくリアルタイム投稿なので、
翼はいらないから時間をください←

あ~…ね。

「あ~、ね!」っていつの間にか定着した現代用語ですよね。

AbemaTVやらSHOWROOMやらでキュン死しまくってた昨日と一昨日、
昼間っからやたら休憩タイムが多くなったダメな大人です(キリッ!w

そんな萌え萌えな日に「帰ったら今夜はDMMアーカイブで夜風の仕業か…」
なんて事を考えていたら哀しいお知らせ…

仕事が終わりかけた頃に知り合いからLINEが来ました。

「ちーちゃん卒業!。・゜゜(ノД`)」
image


聞いた瞬間


あ~、(やっぱり)ね!
あ~、(それ)ね!
あ~、(そうだよ)ね!
あ~、(そっちだよ)ね!








あ~、ね…orz
( ;∀;)

総選挙の立候補を辞退していましたし、理由を語らない事からも
ちーふぁむをはじめとする多くのHKTヲタが卒業の可能性を否定できなかった
ちーちゃんの卒業。

HKTの活動と大学の両立、
それは一筋縄ではいかないことだとは思っていましたが
通う期間が長くかかっても両立するのかな~なんて思ってましたが
やはり厳しかったようです。

いっそ東京での活動をメインにして
東京の大学にしてれば両立できたのかも知れませんが、

選抜として、ネクストガールズのセンターとして、ヤンマガ専属モデルとして
そしてHKTのキャプテンとして、福岡の学校に通うにはちょっと忙しすぎましたね。

4年で卒業したいという言葉からも意思の強さが感じられました。
私学によくある提携先の大学の新学期前の期間を使った短期留学で
ガッツリ単位が取れるパターンなんだろーなーとか…


ちひろん(←もうコンバット満さん位しかこのニックネームで呼んでないけど)との思い出は
やっぱりペア握手会かな~(そのときの投稿がコレ

はるっぴは結構ちひろんに依存してたから今後がちょっぴり心配というか、
埋まらない穴だな~ってね…
穴井だけに・・・(;´Д`)ゴメン、言わずにいれなかった!







ってか俺もヤバい…






image



今日はこの写真見ただけで泣けるもん…



最近、はるっぴが「キャップちゃん」呼びをし始めてて、
な~んか、無理に明るくラブラブしようとしてるように感じてたんですよね~




みんないつかは卒業するって解ってても、やっぱり卒業は寂しいですね。

ちーちゃんにはゆくゆくは博多ののぞふぃす(元AKB48 1期生 川崎希)
として立派な女社長になってもらいたいものです。
(博多に帰りたいんで雇ってください!←)

ちーふぁむの皆さんにとっても残された僅か2ヶ月弱という時間、
その期間に総選挙とは別の方法で、皆さんの愛を
もっともっと念じて送ってください。
100万ボルト!







さて、公約を果たしてもらえるようにメロっぴが頑張りますか!
(ゲス顔)
image
はるっぴ王国について
2013.02.03建国
第1稿
博多の妖精を求め彷徨う

RSSはこの記事から参照
最初から読みたい方もこちらから!

§文中でわからない言葉に出会ったら
こちら
what's new
  • 止まらない観覧車
  • 止まらない観覧車
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
最新コメント
カテゴリー
記事検索
最新のHKT48公式情報
twitter
兒玉遥さんの誕生日まで
最新まとめ情報
livedoor 天気
livedoor プロフィール
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計ページビュー(PV)
  • 今日:
  • 累計:

DMM配信中
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
出版物


BLT_U-17

























  • ライブドアブログ