はるっぴ王国 ~Haruppi Kingdom~

HKT48、特に”はるっぴ”こと兒玉遥さんのあれこれやAKB48グループに関する話題を綴ります。

はるっぴと一緒に夢を見る仲間募集中!

2016年03月

背中言葉

背中言葉といえばもちろん「唇にBe my baby」に集録されていた高橋みなみ卒業ソングのタイトル。

サシコ・ド・ソレイユはその会場レイアウトから、結構な頻度でメンバーの背中からのパフォーマンスを
見ることも多かったのですが、尾崎たすのこの画像

image

image

これを見て、ふと彼女達がAKBを引っ張ってきたたかみなのその背中から感じ取ってきたものとは
どんなものだったんだろうかと考えました。

チームHではさっしーとはるっぴが、チームKIVだとらぶたんとさくらが
たかみなと同じチームAだったことがあるわけで、これはある意味他の姉妹グループの
どのチームと比べてもアドバンテージではないかと思います。
AKBの会いに行けるアイドルっていうコンセプトが元々アイドル好きだった人をAKBに惹きつけた訳ですが、
非アイドルヲタだった人がAKBに惹きつけられたのは「マジ」の精神だったのではないでしょうか?

(言っては失礼だけど)そこらへんのお嬢ちゃん達が、本気でアイドルとして輝こう必死になる姿
歌もダンスもバラエティーもその道の本職には及ばないかもしれないけれど、それでも
一生懸命に取り組むその「マジ」に心を奪われた人は少なくないはずです。
そのAKBという活動に一番マジだったのがたかみなだったんだろうなって思っています。
今、HKTにおけるたかみな的な役割はさっしーなのでしょうが、
たかみながいたから、らぶたんやさっしーがキャプテンや支配人として後輩達を先導出来ていて
たかみなが励ましてくれたからはるっぴもさくらもセンターじゃなくてもここまで頑張って来れて
そんなたかみなの背中を見てきた4人がいるからこそ、
HKTにもAKBイズムが生きているのではないでしょうか?

人間だからダラダラとしてしまったり、気持ちが乗らずどうしても頑張れない日もあることでしょう。
それでも忙しい中SNSを欠かさなかったり、スタイルを維持したりと
高い意識を持ってHKTを引っ張ってるのが、さしらぶであり、はるさくで、
つまりは、たかみなの背中言葉を受け取ったメンバーです。
この4人がしっかりと後見して、めるみおがいて、なこみくがいて、みんながいる。

テレビで見ていたの向こう側のAKBではなく、同じステージのその真後ろで見てきたAKBを
今後のHKTに繋げていくことがフロントメンバーとしての責任であり使命なのでしょうね。

image

image

はるっぴもいつかは卒業します。
その時までに後輩達にどれだけの背中言葉を語れるのか、
そしてその背中言葉を語れるだけの経験をどれだけ出来るのか?

先ずはまだ未経験の表題曲16人選抜入り

これを経験させてあげられるのは私達めろっぴだけです。
経験が自信となり、はるっぴをもっと輝かせてくれます。
そんなはるっぴの背中を見て後輩たちが何かを感じてくれたら、
それがHKTをもっともっと輝かせてくれます。

image

はるっぴをたかみなイズムを紡ぐ一人として、
はるっぴが後輩たちに託して去って行くその日のためにも
私達が精一杯支えるしかありませんね。

image
ファンサービスの塊のようなはるっぴ…

たかみなイズム、ここに生きています。

行きたくなるコンサートのポイントって何だろう?

HKT48アリーナツアー@マリンメッセ福岡コンサート2Days

両日とも参戦しましたが、年度末の平日にあれ程の人が集まるんだから
大したものだと思います。

思いますが、1日目と2日目の落差…
当然、入場しているファンの人数の差が声援の差に直結するので
2日目が盛り上がるのは自明の理ですが、
遠征しづらい日程ですし、1日しか見れないのであれば、何かしらの発表があるであろう
2日目のチケットを取ろうって思うのが普通だと思います。

しかし運営にサービス精神があるのであれば、1日目にお得感を出す方が
今後のチケット販売の為には得策だと思うんですが、どうなんでしょうか?

2日目のお得ポイントを箇条書きすると

・ゆかちゃんのフラフープで幕開け
・らいら、かんなのアンコール発動
・新曲披露
・研究生昇格とTⅡ結成
・ホールツアーの発表

前2つは偶発的な部分ではありますが、神戸までの流れで御膳立てしていたり、
招待席の手配を調整すれば1日目にできないことはないですし、
新曲披露も1日目で良かったのかもしれません。

今回の2公演を踏襲してしまうと、今後も2Dayasは1日目の販売に苦戦する傾向になるかもしれません。
土日の2Daysならいいのですが、2016年問題で大箱の確保が難しい昨今、48Gに限らず
平日のコンサートも確実に多くなっています。
今回発表されたホールツアーも平日が大半ですし(メンバーは学校が夏休みの時期なので問題ないですが)
初日と千秋楽はそれ自体がセットリストを知るワクワク感とツアーを回ってきた達成感とで特別ですし、
発表などのサプライズをするのであればそれ以外の公演でした方がお得感はあります。
それで、どこで何があるか分からないから行ける日程は行こうと思う筈です。
そういう運営の罠には喜んで金を出しちゃうのがヲタの悲しい性(サガ)

ツアーでどの会場に足を運ぶのか?
まずは自分が行きやすい近場の会場、そして行ける日程かどうか?ってのは前提ですが
初日とファイナルは無理をしてでも行こうとするのがファン心理。

本当は何もサプライズもなくパフォーマンスだけで勝負するのがコンサートの在り方かもしれませんが、
大所帯のアイドルグループで発表事はそれ相応の箱でするっていうのも仕方のない事ではあるので
サプライズ依存が行き過ぎる前に、今後はサプライズ(お得ポイント)は出来るだけ分散させた方が
良いのではないでしょうか?

まぁ1日目は「負けずにせ~の!」と「なおこにあげたいメロンジュース!」が観れたので
私にとっては充分お得ポイントでしたが、ぶっちゃけ、昇格発表を1日目にやっちゃって
2日目しか来なかった人を「行きたかった…」と悔しがらせるくらいの方が良かったかもと思った次第です。

あ、はるっぴについての感想は、ひらひらって曲で宙に舞ってるはるっぴが
会場全体を俯瞰して眺めてる様子に「こういう景色をもっともっと見せたげたいな」と思いました。

image
image


花道でちゃんと付近の人にレスを送ったり、パフォーマンスで会場を魅了してくれたりと
本当に手を抜かないはるっぴ。
その背中を見て後輩たちがしっかり成長してくれているHKTがやっぱり大好きです。


言いたいことがあるんだよ

やっぱりはるかがかわいいよ…

ってガチ恋口上じゃなくってw
今更一か月前のしぇからしか全握の話


総選挙の話題とかたかみな卒コンとか豊富に話題があるわけですが、
その前にやっぱりHKT運営に一言物申しておきたい事がありまして、
その件を消化しておこうと思います。

私が福岡個別に参戦後、翌日参加できなかった全国握手会@福岡会場。
そこでご存知の通り選抜発表があったわけですが、

ボスとはなちゃんの初選抜、あおい、エミリーの選抜落ち

これをメンバーのみならずファンも一緒に知らされる運びとなったわけですが
個人的な感想としては




運営、ちょっと悪趣味すぎやしませんか?

そんなの見せられるなら、ぶっちゃけ、全握行かなくて良かったです。
だって、ヲタへの配慮がなさすぎます。



という感じです。

現状のシングル発売ペースだと年に2回の貴重な貴重な全握で
個別にガンガン通うガチヲタだけじゃなく
老若男女、多くのファンが楽しみにしているHappyなイベントの筈です。

センターに選んで頂いた我らがはるっぴや
初選抜のボスやはなちゃんのファンはその場でおめでとうが言えてHappyだったかもしれませんが
あおいたんやエミリーのファンにとっては、「今日、大好きなメンバーに会える!(ワクワク)」という
楽しみな気持ちから一転、現場での悲報でどれほど心を掻きむしられてるか…
心中如何ばかりか…

推してる人達は、励まそう!支えよう!とレーンに詰め掛けるでしょうが、
同じレーンの他のメンバーの所に行こうとしていた人にとっては、行きづらさ半端ナイ!

それぐらいメンバーとファンに同時に選抜発表するのは悪手。

ドキュメンタリー映画の流れ的に悔しさが今後の売り上げにつながるっていうのは判るんですが
露骨すぎてちょっとね…。


握手会の会場で選抜発表っていうのはこれまでもあった事だし、今後もある事でしょう。
しかし、メンバーも同時っていうのは悪趣味なので金輪際止めてほしいなぁっていうのが
私の願いです。

目の前で泣き崩れるメンバーを見たいファンなんて一人もいない。

これを書くかどうか迷ってましたがコンサート現場でのヲタ談義という意見交換の場で
書いた方がいいと思えましたので書かせて頂きました。

はるっぴ王国について
2013.02.03建国
第1稿
博多の妖精を求め彷徨う

RSSはこの記事から参照
最初から読みたい方もこちらから!

§文中でわからない言葉に出会ったら
こちら
what's new
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
最新コメント
カテゴリー
記事検索
最新のHKT48公式情報
twitter
兒玉遥さんの誕生日まで
最新まとめ情報
livedoor 天気
livedoor プロフィール
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計ページビュー(PV)
  • 今日:
  • 累計:

DMM配信中
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
出版物


BLT_U-17

























  • ライブドアブログ