怒涛の一週間が過ぎましたね。


火曜日の全国ツアー、福岡サンパレスを皮切りに
手つな、脳パラ、パーティーの再演3days
そして、土曜日の3周年記念公演
+今日のPちゃん生誕の終ベル(この公演から“お見送り”開始!)


全部応募して一つもかすりませんでした…orz
サンパレスのあの件が悔やまれます…(涙)


というわけで水曜日から今日まで毎日DMMに釘付け!


しかも帰社帰宅なども間に合わずもっぱら営業車内でタブレットにて視聴。
結局PCでHD画像を楽しめたのはパーティと今日の終ベルだけで
タブレットの方を2回も速度制限解除の追加費用を払う羽目に…


ただ、終演後に知ったのですが手つながちゃんとリアルタイムで
視聴出来てたことはラッキーでした。見たくても見れない状況は苦痛ですね。


と、私事はこれくらいにして、


HKTはまだまだこれからも楽しみですね~

image

それを痛感したのは、

image
ロリンブルドン健在!!


今日のH公演のはづきちゃんも堂々としていて輝いてましたし、


image
記念公演の「覚えて下さい」も良かった!
3期生の今後がますます楽しみになりました。

もちろん1期生の「僕らの風」、2期生の「パーティーが始まるよ」が
私の涙腺を刺激するのは容易な事なわけでw



リバイバルに関して、オリメンでの再演への欲求は残る(むしろ増した)ものの
メンバー達も言っていたとおり、あの時あんな事、こんな事があったなと思いだしたり、
2期生にとってはレッスンの最初の課題だった手をつなぎながら公演に今回
やっと立てた事の喜びだったり、当時はまだ客席側にいた事等が語られ、
オリメン以外だったから見れた新たな一面もあって、
これはこれで楽しかったです。
image

パーティー公演のらぶたん(古参w)とかある意味貴重でした。


3daysで個人的に見応えのあったユニット
ベスト3は


3位 スカートひらり(秋吉・岩花・田中優・矢吹・山本)
image
研究生当時「クラスメイト」にしか出演していなかった(させてもらえなかった?)
ゆか・しの・ゆーたんが披露したスカひらに娘の成長を喜ぶ父の気分(←重症w


2位 ほねほねワルツ(本村・村重)
image
この一回の披露の為にここまで仕上げてくるあたりは流石一期生!
この二人がどこまで骨の名前を理解してるか疑問ですw


1位 ウインブルドンへ連れて行って(荒巻・坂本・山内)
image
このメンバーがあの衣装で出てきた時に「博多はあと3年は安泰!!」
って思える“ロリンブルドン Mark-II”でした。


これ以外にもなつのキスダメも良かったし、
くるくるパーをギャンギャン踊るなおぽんも新鮮でした。
身長規制をしないペガサスっていうのもこれはこれでアリでしたし、
もちろんはるっぴのGDも良かったです。


視聴していて、結局場面場面で
「あ、この曲をあの席で見たときにこんなことがあったな~」
「あの席の時にあの子からレスもらったな~」
などなど懐古厨炸裂で私も涙ぐみましたw
image

新しいのに懐かしい。懐かしいけど新しい。
そんなHKT48のチャレンジ精神と団結力を見せつけられました。
つまりは“団結力=仲の良さ”っていうのがストロングポイントって事か。


まんまと運営に踊らされている単純なヲタでございます(笑)


周年の総出演自体は去年よりも一人減って、昨年+山本、木本 -安倍、中西、谷の総勢47人
一斉にステージに上がれる人数はあと数名で限度でしょうね。
ユニットだと一期生も出てましたが選抜メンばかりのステージ構成になると、
非選抜メン、研究生は数曲だけの出演となり、そういう子を推すファンは物足りないでしょうが、
一番悔しいのは当の本人でしょうし、悔しさを持っていなかったら今後の向上もありませんので、
悔しさは下剋上で晴らすしかない弱肉強食の世界。
山本さんと栗原さんは選抜メンバーなので
スキスキと桜食べで抜けたちょりポジを任されていて、妥当な人選だなと感じました。


一方でトミヨシの周年での目立たなさ!控えめ過ぎるやろw
芋メンは去年のガラスのI LOVE YOUの披露は大いに笑ったのにな…
芋メンもクラス替えでHとK4に2人づつに別れましたし、
活動のクライマックス(?)としては夏祭りで全国に爪痕も残せたと思いますし、
願わくばいつかSONE解散のようないもむCHU!解散を華々しくさせてあげて欲しいものです。
芋の今後もなんだかんだで結局、本家のてんとうむCHU!の展開次第とはいえ、
一期生がいるときの芋の借り猫感はさや姉を凌駕しますねw


そして、サプライズ発表されたドキュメンタリーに関しては
やっぱり来たか!
ってのがサプライズ発表された時の感想。

栄、難波も既に発表されていて、HKT版のURLが既に押さえられていましたし、
姉妹グループの末っ子とはいえ最近の運営は支店を一律に扱う傾向でしたから、
ネット上で今回のサプライズの本命と予想されていたとおりでしたね。
そういう点では周囲のヲタ友にはサンパレスでの発表を予想していたので、
5th決定の発表は本当に驚きでした。
あとは、紅白、どうなんの?出れるの?っていうもどかしさ。


私的にはドキュメンタリーは間違いなく涙なしには見られないと思うので、
おっさんの涙には何の価値もありませんし、独りで観に行きます。


と今日ここまで長々と書きなぐってても兒玉さんの事は一行しか書いてないっていう「はるっぴ王国」w
冠ブログにしてる意味あるの?って感じですが、兒玉遥の存在は私にとってのHKTのレゾンデートルですので
一言でいうと「さっしーのソロデビュー曲」って事ですね。(それでも好きだよ

雨が降ろうが槍が降ろうが、何度ポカをやらかしても、滑舌があやしくても全部ひっくるめて
はるっぴが大好きー!


っていうわけで4年目も


私たちははるっぴを応援する軍隊だー!!


おおー!!!
ってことですね。