はるっぴ王国 ~Haruppi Kingdom~

HKT48、特に”はるっぴ”こと兒玉遥さんのあれこれやAKB48グループに関する話題を綴ります。

はるっぴと一緒に夢を見る仲間募集中!

謹賀新年

2015年賀

2014年12月31日、はるっぴが沢山写って、酒が進む!w
ここだけは生で見れて。・゚・(ノД`)ウレシナキ

建国1周年、思えば1年よく続けたな~

私は三日坊主の人間です。

その私が1年もブログを続けることが出来たなんて!

兒玉遥ちゃんってなんてネタの尽きない子なんだ!w

というわけで本日から2年目に突入です。
1年間で書いた駄文がちょうど500本。
アクセス数はUUが32万、PVが88万越え。
本当にありがとうございます。

全握でやっと今年の初接触を終え、心機一転、根掘り葉掘り
ネタ探しに明け暮れていく所存です。

今日の握手も1回目は久しぶりすぎて久々に言葉が飛びました。

やっぱ、はるっぴかわいい(*´Д`*)


好き!

一言じゃ足りないくらい

好き!!


YES!メロっぴ♡!!


で、1周年記念でたいしたネタがあるわけじゃないし、
予告したままのやりかけの記事も早く仕上げなきゃいけないし
思いつきですが、
このブログ、コメント欄は書き込んでいただいた場合に
私が表示処理をしないと表示されません。
そこで、今回

「はるっぴ王国への“苦情”大募集」

・てめーのせいで兒玉推しになったわ!という嬉しい苦情や
・キモイんだよ!タヒね!という嫌な苦情。
・はるっぴをもてあそぶな!という存続に関わる苦情。
・兒玉遥(と書いて未来の嫁と読む)を幸せにしてあげてね!という祝電(?)。

非表示ですのでどしどし苦情をください。
それとコメント表示希望の場合はその旨書いてコメント下さい。
じゃないと4行目が阻止できませんので。

マジでお手柔らかにお願いします。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中はいただいたコメントになかなかお返事も出来ず、
更新ができなかった時期などもあり申し訳ない気持ちや悔しい気持ちもありますが、
さまざまな機会で皆様からあたたかいお言葉を頂いて
いとしさとせつなさとこころづよさをいつも感じております(←え?ふ、ふざけてませんよw)

というわけで、さっそく西日本新聞のwebにちーたん、ぴっぴ、らったん、ちゃんわか(年齢順)
のインタビュー記事が来てますね。
はるっぴはロープに吊るされたいみたいです。どんなプレイやねんw
(↑煽ってみました。)
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/hkt_news/article/61096

あ、この4人ってことは謎のユニット名をつけられた3人+わかちゃんですね。
この4人だったらズバリ「博多の風紀委員会」(委員長はわかちゃん)ですね。

んで、話はがらっと替わって、年賀状を書きました。
みなさんもはるっぴに出しましたよね?

私は2名にだけ出しました。
もちろん兒玉遥さんと
131230_163652
尾崎たんへ出しました。
全員には出せないからこそ尾崎支配人に出しました。
(あ~筆ぺんって難しい…)

はるっぴへすら出してない方、今日出してみましょうよ!
(出すときは念の為くじの番号も控えておきましょう。あなたが出した年賀状で何等か当たるかもしれませんし)

あれから一年

ふと気づけば今日でHakata百貨店の福岡での放送開始からちょうど一年です。

たまたま深夜に観て、すごく惹きつけられて、ネットで調べたら福岡は東京の8日遅れ放送で、
翌日続けざまに2回目をいけない方法で視聴し、3回、4回と毎週楽しみに観ました。
5回目の優子ちゃんの回の「おい、もりやしゅ!」ではるっぴにメロメロになったのは
このブログでちょいちょい書きましたが、
今思えば3回目の渡辺麻友回の時点で既にHKTの1期生達に魅了されていました。

ムシューダのCM観たさに月9を観たのもこの頃でした。いい思い出です。
厳密に言うと自分自身が初めてHKTのライトファンになったと自覚したのが百貨店からで、
さっしーの移籍から初日公演や博多の乱のあたりに関してはまとめんばーなどでチェックはしてたので
自称百貨店新規ではあるものの、実は文春新規な側面もあったりします。

今日、久々に第一回目を見直してみましたが、今となってはさっしーのMCを含め、
ぎこちなさや荒削りな部分はありますが、それを上回る新鮮なキラキラ感。
AKBの選抜メンにHKTメンバーの個性を紹介する事で視聴者もHKTを知る事ができるスタイルは
さっしー居てこそだったというのは周知のとおりでしょうが、
HKTの彼女たち自身に魅力があったから成立した番組だったのも間違いないわけで、
1回目からはるっぴの素直な一言がテロップで拾われていたり、
わかちゃんのガヤつっこみも当時から切れ味を感じさせられ、
さくらの優等生っぷりや、村重、ちょりのバラエティ班としてのグイグイ、
そして、あおいたんの泣き虫も炸裂して、やはり嵌るべくして嵌った神番組の神回でした。

koedashiteikou

usagiharuppi

今度の個別は“うさぎっぴ”をリクエストしてみようかな~(*´Д`*)

今日、番組を見直して番組後半での「手をつなぎながら」の様子を見て
ついつい手つなDVDも久々にみちゃいました。
百貨店の劇場公演に興味を持たせる番組構成、改めて恐るべしですw

というわけで、みなさんそれぞれ色々なきっかけでHKTに興味を持たれたわけですが、
この機会に是非もう一度HaKaTa百貨店を観てみませんか?
今更ながらHKTを好きになって良かったな~って思える、いい機会ですよ♪


それと私事ですが、先週いっぱいで得意先のお手伝いから開放され、
連休で溜まってた録画もほぼ追いつき、今日から心機一転、更新を頑張っていければと思います。

いつもご覧頂いてありがとうございます。

あ~、寝落ちした!(> <)

昨日はちょっくらパーティへお出かけしてきました。
公演レポと下書きしてたネタ記事、今夜アップします。

とりあえず、HKTと同様に記事もフレッシュ感が大事なので(更新が遅延しまくってるのにw
近況報告だけ。

200000アクセス、ありがと植木、パクパク
200000HIT

スマホや携帯の読者様、たまにはPCでも見てみてくださいね。
密かにリンク先が増えてたりしますので(*・ω・)ノ

では行ってきます。

はるっぴ型ウィルスの症状

昨年秋に感染し“はるっぴ型ウィルス”キャリアとなった私。

主な症状は
・寝ても覚めても兒玉遥の情報を収集したくなる。
・早く帰りたいので以前より仕事を頑張る。
・でも睡眠時間も減ってあくびが止まらない日もある。
・トン女明けの水曜日がやばい。
・公演が当たるとスキップしたくなる。
・公演中にはるっぴとアイコンタクトが出来たら帰路で両手を挙げてスキップしたくなる。
・はるっぴがいない公演の時、まいこむがいると一瞬はるっぴを重ねてしまう。
・どんなに大勢でも、どんなに遠くてもなぜかおでこを発見してしまう。
・同じおでコンビでもまどかをそんなに発見した覚えがない。
・テレビから「夏~」って聞こえると、「ガスト キター」と画面に注目してしまう。
・土曜日に生でもも女を聴くのが格別だと思っているが、意外と聞き逃してネットを探す。
・でもやっぱりあの声に癒される。
・今でもたまにレンコン掘りの動画を見ちゃう。
・推し始める以前の幼さ全開のはるっぴもかわいいと思える。
・CDの複数枚買いに疑問を持たなくなる。
・握手券が何枚あっても足りない気がする。
・何度握手しても思い出す時、はるっぴの顔がなんかぼやけてしまう。
・っていうか可愛すぎて直視できない。
・だけどググたす画像の鏡像化はすぐに見抜ける。
・もはや赤の他人の児玉さんですらリスペクトしちゃう。
・この夏は「小玉すいか」ですらリスペクトしちゃう。
・「兒」の文字を見かけて意味もなく嬉しくなる。(長崎の中華菓子“麻花兒”とか)
・そもそも書く機会がないのに「兒玉遥」がちゃんと書ける。
・はるっぴの困り顔が好きなS属性だったはずがはるっぴに叱られるのも悪くないと思い始める。
・けど、やっぱり噛ませたい。はるっぴが噛むとそれだけで得した気持ちになる。
・大きい舞台とかキャンペーンで挨拶するときは意外と噛まない事をしっているが、それでも心配。
・心配してみてる事が多いが、はるっぴは何気に優秀だから殆どの心配は無駄。でも心配。
・はるっぴが卒業する日のことを妄想するだけで簡単に泣ける。
・色んな泣ける思い出があるのに総選挙の「ちゅぶす!」は感動してるのに笑っちゃう。
・節約の為に「うまかっちゃん」を食べる時ですらはるっぴを思い出して幸せな気持ちになれる。

とまぁ挙げればきりがなさそうです。

というわけで、「はるっぴ王国」開設から今日で半年が経ちました!
っていうかまだ半年!?
この半年、長かった~。
以前までのダラダラした生活とは密度が違うからかな。
開設した頃はまだハイタッチしかしたことなかったな~。(遠い目)
劇場公演も手つなだったな~。(しみじみ)
グッズや写真や雑誌もほとんど持ってなかった(出てなかった)な~。(散在…orz)

基本、三日坊主の私が今日まで続けれれるのがはるっぴ型ウィルスの凄いところ。
面倒くさがりの出不精だったのに…。w

もはやリア充とはかけ離れた、別の意味で充実した生活だけど、
今が一番人生を生きてる気がする。
それぐらいはるっぴを好きになって良かったな~って思える充実したヲタ活ライフ。
はるっぴも素敵だし、はるっぴ好きに悪い人がいないのも素晴らしい。
みなさんのコメント、なかなか返しきれませんが、表示されたということは、私が
「そうですよね~。」って思ってると考えていただいて間違いありません。
返信しなきゃまずいコメントならすぐに表示せず返事を書いてから表示しています。
なので、これからも皆さんにコメントがもらえたら嬉しいっちゃん♪

これからも兒玉遥さんのアレコレをはるっぴウォッチャーとして、そしてメロっぴの一員として
注目していきたいと思います。

おかげさまでブログ1ヶ月継続達成できました。

おかげさまで三日坊主の私がブログの毎日更新を1ヶ月だけですが達成できました。
(2/9だけは投稿が日付をまたいでしまい、9日に時間修正可能でしたが、
今後の戒めの為しませんでした。)
これもひとえに、アクセスしていただいている皆様と、
話題の尽きない博多の妖精さんのおかげです。
2/3に開始してたかだか1ヶ月ですが、今後も半年、1年と続けていけるように…
いや、続けることが目的ではありませんでしたね。
はるっぴを応援していけるようにがんばります。
そして推すことでこちらもハッピーになれるような彼女の笑顔を少しでも
多くの人に伝えていければと思います。

追伸
・タイトルの由来は、「有吉AKB共和国」のオマージュですw

・トップにある画像は↓をイラスト変換し、イラストをアニメ風に加工しました。
09 - 1[3]
ただ、変換後はどうしても口のあたりが可愛くできなかったので、鼻から下をバッサリとカットしたら
良い感じに出来上がった次第です。

はるっぴ推しの全ての人にハッピーがあらんことを!

ファンと非ファンの境界線#3

その日、10/15(月)は長崎への日帰り出張でした。
帰宅しいつものようにテレビをチェックしながら食事をとり、
ネットしながらテレビを見る、といったダラダラとした夜をすごしていました。

FBS(日テレ系)でマツコ・デラックスの「月曜から夜更かし」を観て、
チャンネルはそのままで点けっぱなしにしていました。
そのまま「発見らくちゃく」という斉藤さん(パラシュート部隊)のローカル番組をなんとなく観て、
いつもなら、そろそろ寝なきゃなぁってタイミングで柏木ゆきりんが画面に出てきました。

で、冒頭を観たあたりで、私はしばらく前にラーメン屋で読んだスポーツ紙の記事を思い出しました。
「指原、HKT48関東で初冠番組!」
あっ、これの事か!と気づき、ちょっと眠気も覚めた感じで『HaKaTa百貨店』を観賞しました。
観終わって、なんだか良い感じに面白くて、”良い番組見つけた!月曜日の楽しみが出来たかも”
という感想だったと思います。
翌日の終業後、HaKaTa百貨店の評判が気になり、ググった結果が”ある意味”始まりだったと思います。
というのも、実は検索した時点で東京では既に第2回目が放送済みであるということを知ってしまったのです。
知ってしまうとなかなか我慢できないのが、我々ヒューマンのつらい所で、速攻で帰宅し動画を探し出し、
連日の百貨店観賞…。やべぇ、3回目が待ち遠しいw
そして待ちに待った、やっとの日曜日、深夜に放送終了後を見計らって検索。発見→観賞。
翌日、FBSでの第2回を観賞。
もうこの時点で、後には戻れない道に入っていたような気がします。w
3回目の渡辺まゆゆ回まで観て半分くらいのメンバーは理解できました。
しかしまだまだ顔と名前が一致しないメンバーがいるのが悔しいと思い。
受験生の如く自己流ですが、暗記術を使い、とりあえず覚えました。
そうすると、番組がもっと楽しくなりました、顔と名前がわかる分、データだけでは判らない、
声の感じやキャラクターがどんどん伝わって来ました。

こんな感じで週2回の百貨店観賞をしているうちに、とあるブログにたどり着きました。
指原さんの応援ブログで「Fクオリティ」さんです。
その中のコラムで百貨店をセリエAよろしく、出演者を採点していらっしゃったのです。
読みやすく、且つ造詣の深さが感じられる文章で、チェックするのが日課になりました。
とある暇な11月の日曜日にFクオリティさんの記事の内、総選挙直後、文春→博多!という
激動の半年を一気読みさせていただきました。一気に読んだ結果…

…完全に1人の在宅ヲタが出来上がってしまいましたw

12月に入り、さっしー弁当販売当日の公演での指原莉乃生誕祭情報を得た私は、
ついに公演参加に動き出しました。
ちょうど仕事の代休をいつとるかという話が出ていたタイミングで、年末の繁忙期
直前の12/6日は休みを取る最後絶好の機会だったことも幸運でした。
あれ?前の記事で、さしこが来たから、むしろ公演には行かないとかって綴ってなかったっけ?
これがさしこ型ウィルスというやつなのか?w
はるっぴに続いて、再び、さっしーへの手のひら返しを謝罪 ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
もはや私もリノガワであることを認めざるを得ない状況ですw

応募する前は、抽選だの身分証だの超面倒臭そうなイメージで公演に行こうとしたことが無かった
のですが、やってみたら意外と単純で、一般枠をサクッと申し込みました。当選しましたw
ガチヲタが誕生しましたorz
(その時は知らなかったことですが公演申し込みの新規優遇補正で当選しやすいらしいですね。)
12/6を皮切りに週1ペースで3週連続で手つなを楽しんで、また、ある日はあるあるYYを観に
5時で上がって新幹線で小倉へ行ったり、永遠プレッシャー(TYPE-C)を買ったり、
1/149恋愛総選挙を買うなど、6~7年ぶりにCDやゲームを買ってしまったorz
何というか、ヤバイ世界に足を踏み入れてしまったなというのが実感ですw
元日に”5000円の飴”を買うほどですから、完全なるHKT教の信者ですわw

気になる→調べる→もっと気になる→もっと調べる→好きになる→
 →能動的に動く→どっぷりとハマる→散財w

さてさて、前置き?が超長くなりましたが、よくTVとかで芸人の方が、
「街角でおばちゃんに『ファンです。サインして!』って言われて
切れ端のような紙にサイン求められて、面倒クサイからサインしたったら、
『コレ、何て読むん?』(名前知らんのかい!?)」
みたいな話をされていたりするのですが、
果たして”ファン”って何でしょうか?

上記のシチュエーションを考えると、TVなどで見たことがあって、
嫌いじゃなければ、おばさんは「ファン」を名乗り出そうです。
しかし、上記のオチが「名前を知らなかった事」という事から、世間一般の認識として
”顔と名前が一致して、嫌いじゃない有名人”に対して初めて「ファン」を名乗って良いようです。

ということは私がファンになった日は、ちょり、なつみかん、せりーぬ、みなぞう、まいこむを暗記した
あの夜が境目だったのでしょうか?w
まぁ48グループに関しては全員判る人の方がマイノリティなので、実際は「HKT48」というグループ名
を知っていてメンバーを2,3人知っていれば充分ファンだと思います。

とりあえず3/20以降はCDを買った人だけがファンを名乗れるという答えがガチですがねw

ファンと非ファンの境界線#2

さて、さっしーの電撃移籍の時点でHKTの公演などには一度も行った事が無く、
そのうち劇場に一度いってみようかなぁと思っていた矢先だったこともあり、
逆にさっしー移籍のせいで、
「さっしーが来て、それを見に行くなんてミーハーなこと出来るかよ!
さっしー目当てなんかじゃないし、終わったな。たぶん行かないわ」
と個人的にはHKTとさらに距離が開いた時期でした。

しかし、むしろここからローカル、全国ネットともに指原さんのメディアジャックが始まり
自分が日常的に見ていたアサデスや、たまに観ていたドォーモなどでも
さっしーフィーバーが始まったのです。

特にドォーモの”HKTメンバーが指原さんの福岡の新居を勝手に探す”企画で、ゆうこすこと
菅本裕子さんを知りました。
Duomo


この企画は、ゆうこす、さくらたん、しなもんが色々な切り口から福岡の住まい探しをやったのですが
今、この文章を書くにあたり調べて”しなもん”こと下野由貴さんが出ていたことを再確認しました。
3人の内、しなもん以外の2人は記憶に残っていたのですが、もう1人を思い出せませんでした。
しなもんは俺には爪跡を残せていなかったようです。(今では2~3番手の推しメンなのですがw)

そうこうするうちに、あの5人解雇事件が発生し、菅本さん、江藤さん、古森さん、仲西さん、谷口さんが
去っていきました。
この事件以降のファンなので自分は特に感慨は無いのですが、彼女たちを推していたファンの心中は
相当辛かったと思います。また残された1期生のほかのメンバーも劇場デビューまでの苦楽を共にした
仲間の突然の出来事で、心に傷が残っていないといえば嘘になるような出来事だったであろうと察します。

何かしらのきっかけで”この子を応援したい!推そう!”と思ったはずの、肝心の”その子”が居なくなる…
推しへの思いは、強弱は当然あるでしょうが、どのメンのファンでも同じだと思いますから。
数年後必ず訪れるはるっぴのHKT48の卒業を、笑顔で祝福できる、そんな心からの応援、推し活動を
全う出来るように応援したいものです。

またまた、表題から脱線してきていますが、もう一回くらい続きます。

ファンと非ファンの境界線

さて、数年ぶりのブログ作成です。この歳でアイドルにハマるとは夢にも思いませんでしたorz

 まず自己紹介、現在、”はるっぴ”こと兒玉遥さんを単推しの30代のおっさんです。
SNSはネット世界に現実世界を引きずりたくないので今はやっていません。
ただ、生誕祭実行委員に興味があるので、久々にmixiをやるかもしれませんが
(2/20※手つな千秋楽出待ち事件で現場厄介系の方が多いようなので興味は失せてます。)

まだまだ新規ヲタなので、しばらくは2chの地下アイドル板をROMってると思います。

福岡在住で食品関係の会社勤務で独身を謳歌しています。まぁ典型的な非モテ人生ですな。

 たまたま見たHaKaTa百貨店でHKT48に興味を持ち、ネットで色々と観たり読んだりしているうちに
箱推しになり、ムシューダのCMではるっぴが気になり始め、百貨店の大島優子さんがゲストの回の
「おい、もりやしゅ!」の一言で撃ち抜かれました。
まぁいわゆる百貨店新規って言われる部類です。
949c3b48
121105-0216560559
a05ma
豊かな表情がたまりません(*´д`*)
手をつなぎながら公演の「僕らの風」の鳥の顔マネや
「ロマンスロケット」のひょうきん顔
「イノセンス」のセクシーな表情などなど
公演を見たほとんどの人が、はるっぴのセンターを納得しているのもうなずけます。

自分はもともとヲタ気質なので、AKB自体は「スカートひらり」のCMの時から存在は認識していて
楽曲や神7は当然知ってはいたのですが、”誰推し?”って言われても、
福岡出身の篠田麻里子さん、梅田彩佳さん等を挙げるくらいで、積極的なファンではなかったです。

HKTが出来る時も、そのメンバー構成の幼さから、
「ロリコンじゃねーし、関係ないなぁ」とスルーしていました。
ただ、地元に出来るのだから、いつかは観に行きたいなとは漠然と思っていました。

JR九州のSUGOCAや西日本シティ銀行の新生活キャンペーンのCMが流れていても、
あの子達、売れるといいねと他人事で、名前がわかるメンバーは一人も居ませんでした。
NCB
(今ではこの21人の1期生がちゃんと全員わかります。
ただ、中列左から2番目は良い方に印象が違いすぎて消去法で確定しました。
マジでちよりちゃん?可愛くね?)


私が一番最初に顔と名前が一致したメンバーは村重杏奈さんでした、
FBSのナイトシャッフルでネプチューンのホリケンと絡んだ時に覚えました。
次は総選挙でHKTからランクインしたというネットのトピックスで宮脇咲良さんを知りました。
ちなみに、顔は判らず名前だけ知っていたメンバーとして若田部遥さんがいますね。さすが地元。

 実はこの頃(総選挙の少し前だったかな?)に青年誌(スピリッツかヤンマガ)で、
はるっぴのグラビアを見た記憶があります。
正直「へ~、この子がセンターなんだ。あまり可愛くないなぁ」と思っていました。
この場を借りて現在の手のひら返しを謝罪いたします。ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

そして指原さんの電撃移籍と続いてくるわけですが、ここまでをまとめると
2012年6月時点では3~4人しかメンバーを知らない状態でした。

ちょっと長くなってきたので次に続きます。
はるっぴ王国について
2013.02.03建国
第1稿
博多の妖精を求め彷徨う

RSSはこの記事から参照
最初から読みたい方もこちらから!

§文中でわからない言葉に出会ったら
こちら
what's new
  • 止まらない観覧車
  • 止まらない観覧車
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
  • Would say what if he had here
最新コメント
カテゴリー
記事検索
最新のHKT48公式情報
twitter
兒玉遥さんの誕生日まで
最新まとめ情報
livedoor 天気
livedoor プロフィール
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計ページビュー(PV)
  • 今日:
  • 累計:

DMM配信中
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
出版物


BLT_U-17

























  • ライブドアブログ