はるっぴ王国 ~Haruppi Kingdom~

HKT48、特に”はるっぴ”こと兒玉遥さんのあれこれやAKB48グループに関する話題を綴ります。

はるっぴと一緒に夢を見る仲間募集中!

出版物

【支配人】尾崎支配人の兒玉遥評【おざきたん】

ようこそ!「我等、尾崎一家」へ

当ブログは、尾崎充HKT48劇場支配人率いる博多のキャワキャワなアイドル
HKT48をhshsしまくるぶぶちゃんの変質者的ヲタ活日記です。
尚、本日は「PC版推奨」ですw

ozaki

というわけで今回は尾崎支配人のはるっぴへの評価、
いつも明るく一生懸命で、絶対に弱音をはかない。周囲をやる気にさせるパワーを持っているコ。
(AKB48総選挙公式ガイドブック2013 169P)

仕事に対し貪欲で、何かしらの結果を残そうとする兒玉 
(AKB48総選挙公式ガイドブック2013 172P)

兒玉遥も、本人がこつこつと努力していたことをファンの方は見てくださっていた。
ステージ上で最後に、『先輩方をちゅぶしにいく』ってスピーチしたのは、
あの総選挙の雰囲気のなかで駆り立てられるものがあったからだと思います。
(AKB48総選挙 水着サプライズ2013 123P)

(HKT48を)常にプロとして上を目指すグループにしたいですね。
兒玉じゃないですけど、『AKBをちゅぶす』くらいのパッションでいきますよ!
(AKB48総選挙 水着サプライズ2013 123P)

ある意味、HKT48を代表してAKB48に、行っている。
すでに得ているものはあるはずなので、これからも伸びるはず!
(AKB48総選挙 水着サプライズ2013 123P)


なんで今更こんな記事を?続きを読む

寝不足の反動と先週の「FRYDAY」

寝不足の反動で昨夜は一番ソングSHOWをチェックして、
笑ってこらえての精華女子高の部分を見終わったあたりで寝落ち。

4時に目が覚めたもののそこからちゃんとベッドで就寝。(7時半まで)

あー寝すぎたw

今夜は時間がとれそうだし色々かたずけるつもり(やるやる詐欺とか言わないで~w)

なので自分が忘れない為に覚書き
・王様のブランチの感想
・サウンドルームの感想
・おでかけの感想
・初日売上の件
・既読スルーの事で疑問
・大組閣での疑問と新体制チームKの件
・モノレールCMの記事の更新
・3.11特別公演の感想
・魁の感想
・フライデーの件
・1番ソングSHOWの感想

うへぇ…10オーバーorz

んじゃ、仕事中だけど1個消化しよう!w

先週発売のフライデー。

当然まどらーは購入済みだと思いますが、メロっぴも購入推奨。

え?別にまどか支援のステマじゃないですよ。
(もちろん男子目線であのグラビアは買うべきだと思います。)

巻末の友撮でめるちゃんがはるっぴの写真をアップしてます。
はるっぴを抱きしめたくなる一枚です。

というわけで、今日までならお店によってはまだ入手可能かも…

この話題も今のうちに

先週、大組閣を観に博多駅まで行ったので忘れずに

UTB vol.219 4月号を購入。

今回は川栄さんが表紙。

むは~!かわええ~(☆゚∀゚)君ならできる!you can!

というわけで、今回は
ポスター
ランダムではるっぴのポスターも封入されてるから、こりゃ出るまで買うしか!

と、頭の中では
「中々出てこず○○冊買っちゃった…orz」
「街中の本屋を彷徨った…」
なんて記事を書く気満々w

で、何の労力もなく1冊目で

はるっぴキタ―――(゚∀゚)―――― !!


これが運命の力というヤツか!(いや、別に3冊に1冊は入ってるからw)

つまり、

りっちゃんのポスター欲しかったな…(´・ω・`)ショボーン
なんて別に思ってませんよ(汗

肝心の内容も

こりゃイイ!

何がいいって、シンプルなはるっぴがグゥきゃわいい!

紙が良いから画質もイイ!
髪型もシンプル。
メイクもシンプル。
表情も直球でイイ!

私のチェックポイントのとある黒子(ほくろ)も判別できて
ナチュラルメイクを実感。

NMBの渋谷さんも可愛かったし、さしTBにはわかちゃんも出てるし
こりゃ、保存用、観賞用、使用用に3冊買っとくべきだったな~←

まだ買ってない人、売り切れても知らないよ~

マジでおすすめ。

あと例の帯つきのヤツもやっと購入。

う~ん、CDやら書籍やらカモみたいにこんなに買ってるのに何故嬉しいんだろう。
消費って楽しい!




はぁ~、給料日までもつかな…orz

ツモ一気通貫ドラドラ

今日は帰宅途中で福岡Walker2月号を購入。

はるっぴとまいちゃん(渕上舞)の高2コンビでこの季節の風物詩
「カキ小屋」
を紹介する特集記事で登場。

140121_215545

ウーン… 幸せ♥ ←

おでかけ!でもカキ小屋に行ってたな~。
130223-0144380828

あ~、久々にカキ小屋に行きて~!
最近では天神とかでも期間限定のカキ小屋スタイルのお店が出てるし、
今シーズン、一度は行っておきたいな♪
(ちなみに私は子供の頃、牡蠣は大っ嫌いでしたw)

んで、雑誌をチェックした後はネットをチェック。

今日の話題はやっぱりコレでしょう。

HKT48×全教研CMメイキングムービー
http://welcome.zenkyoken.com/2014cm/

cont03_img02


ZKK


んで、そのまんまネットをふらふらと彷徨って辿り着いたのが↓↓↓



何故だろう?
ただの自己紹介の寄せ集めなのに、凄くいい動画。
懐かしいのに新鮮。

やっぱ、このスタイルの課外授業が好きだったな~。

あ、最後の最後に、今日のこの記事のタイトル「ツモ一気通貫ドラドラ」は
今日感じたまいちゃんの推されっぷりを表現してみました。

ツモの満貫は充分デカイ!w
マージャンといえば、牌
デカイといえば…、まいちゃんの…

お後がよろs…のか?w

ヤンジャン、いいじゃん

チケット発券とともに普段は立ち読みで済ますヤングジャンプを購入。

手にとってパッと見開きにすると
はるっぴとまどかのおでコンビがWセンターで目に飛び込んできます。
そして二人の間に「さくら咲け!」の文字が目に入り、さくちゃんはここか!と
ページをめくる。

この3人のポジション構成とみなぞうも開いてすぐ見つかるソロページ。
50人の中でもいい位置なのは間違いない。
おなじソロでも江籠ちゃんとみなぞうが開きやすい内側。
右利き文化ではみなぞうが一番の特等席。

ただ、はるっぴの手書き、
博多の右上の点を忘れてるのはマイナスポイント。

小学校のときに「専門」という漢字は「点なし口なし」で覚えさせられた。
だから、博は専の逆で点あり。
地元っ子がやったら赤っ恥な間違いなので今回を最後にして、覚えておきましょう。

個人的にはらぶさんとあおいたんの並びのプロのアイドルらしさとの対比で
上の段のちぃずの初々しさ。(*´Д`*)

まぁグラビアに関しては語れば語るほどキモくなるのでこのくらいでやめときます。

やはり秋Pの「HKTは仲の良さで売れ!」は正しいと思う

年末から書き始めていた(参照:Quick Japan)件、

QJ103_h1
vol.103

もう1年以上前の記事の話だけど、今だから分かる事もあります。
さっしーは移籍して来た時に

「秋元先生は
『SKEは“ダンス”で売れ!
NMBは“MC”で売れ!
HKTは“仲の良さ”で売れ!』
って言ってるけど、悔しくないのか?」
といったようなことをメンバー達に言ったそうです。

たしかにHKTにダンスやMC(=お笑い)のような秀でた武器となる飛び道具は無い。
しかし、逆に考えれば何でもアリのアイドルになれるってこと。
本店自体にはセールスポイントの言及は無いけれど、それは
「会いにいけるアイドル。ファンと共に成長をしていく育成アイドル」
という確固たるグループの柱が売りであるのは言わずもがな。
だから、HKTはその基本コンセプトにメンバーの「仲の良さ」を色濃く出せば
そこにファンがつくっていうのが秋Pの狙い。

当時のさっしーにとって“仲の良さ”というのはセールスポイントとして弱い、
むしろ、そんな事を言われる博多にはセールスポイントが無いに等しいぐらいの感覚で
受け止めたようですが、
今のさっしーなら秋Pの言わんとすることが理解できてるのではないでしょうか。

当然ファンから見えるのは表ばかりだし、上辺だけの仲の良さを見せてても
楽屋に戻った裏ではいがみ合ってるかもしれない。
裏側はせいぜいドキュメント映画やググたす等での発言で知ることが出来る位。
だけど、実際のところ48Gでは、自分の推しと仲の良い子も好きになる
という事例は枚挙に暇が無く、
自身だって“りのりえはガチ”、“地方組の絆”
という“仲の良さ”がファンに受け入れられた実例もある。

ちーはる推しやいもむChu!推しなどなど、
推しの推しは好意的に見ちゃうもので、
この部分から考えてもファンの傾向として、色んなメンバーとの
絡みの多いメンバーのググたすはフォロワーが増えることが多い。
まぁだからといってビジネス仲良しじゃ困るんだけどw

以上を踏まえると
秋PはHKT全体で1つの“地方組”になれ!って言いたかったんじゃないかな。
確かに「仲の良さ」ってキーワード的には弱いしパッと見ただけじゃ伝わらない。
だけど知れば知るほど一番心に刺さるのはダンスよりもお笑いよりも仲の良さだと思います。
じゃなかったらあべちゃんの卒業にHKTファンの全てがショックを受けるなんて無かったし、
卒業の2公演であれほど泣くメンバーを見ることも無かったでしょう。

2周年記念公演でわかちゃんが
「HKTが始まった頃、他のメンバーの事でも自分のことのように喜ぶことが出来た。」
といったようなことを述べていましたが、
これはファンも同じで、
めるちゃんがうまかっちゃんのCMに出ることも嬉しかったし、
まどかのTEPPEN参戦も嬉しかった。
逆に選抜漏れなどで悔しさを滲ませるメンバーのググたすを読むと
悔しさを感じますし、どうしてあげることも出来ない悲しさを感じます。
「仲の良さ」は言い換えれば絆や友情、団結など色んな意味が込められたキーワード。

だからBUBUKA 2013年10月号の竹中夏海(メロンジュース振り付け師)さんの

--他に気になった子はいますか?
竹中 兒玉遥さんがすごいしっかりしていました。芽瑠ちゃんと美桜ちゃんのフォローをずっとしてましたね。
--元々センターだった子なんですよね。
竹中 悔しい思いはあると思うんですけど、よくできた子だな、えらいなぁと思って。
2人がふわーんとしてて、間違えたりするところも、兒玉さんが「こうだよああだよ」って丁寧に教えていて。

がメロっぴ♡には嬉しく誇らしい記事として心に刺さる。

140108 - 1

そりゃあ悔しさが無かったなんてありえないし、その心情も少し表に出した事もあった。
だけれど芽瑠と共に、そしてHKT全員で盛り上げていく、そんな気持ちを持ってるはるっぴ。

そして、そんなメンバー達だから箱として大好きでいられるのが今の博多推しの大多数。

meron16

だから、「HKTは仲の良さで売れ!」は正しい。

単にキーワードが格好良くないだけw
HKTが持ってる、売りにしていく「仲の良さ」にはまだふさわしい単語が無いだけ。
極端な話、
「○○」=『仲の良さ、キラキラ感、フレッシュさ、友情、切磋琢磨、一致団結、絆』
ということ。
一言で言い表せる言葉が無かったから「仲の良さ」で代用しただけ。
だから、

九州ツアーは「仲の良さ」で成功させよう!

福岡Walkerを買ってみたら

帰りにコンビニで福岡Walkerを買ってきたけど、
今号は年末年始のTV欄が別冊になってて脱落防止の為に縛ってあったから
事前の立ち読みも出来ず、
HKTのお仕事見聞録のコーナーは1ページ記事だと知ってるが故、
その1ページに550円の価値はあるのか?
と一瞬自問自答してしまいました。スマンはるっぴ。
君が載ってる限りどこまでもついて行くと決めたのに、小っちぇえな俺…orz

でも、やっぱり買ってよかった!

131223_221958

この笑顔はプライスレス♡

さくちゃんと二人、この日のお仕事がこの1ページだけって勿体無い!
オフショットとかもっと見たいよ~(●´ω`●)ハルッピウィルス感染中w

で、しばし堪能して、
別冊になってたテレビ欄のほうをめくったら、
某S支配人様が一人で1ページ、ドーン!

こ、これが格の違いってやつか…w

は、早くはるっぴがわざわざググたすを使って俺に見てほしいって言ってる←
G・ザ・テレビジョンを買ってきて6ページ堪能しなきゃ!

BUBUKAのポラ応募期限も来てるし、年賀状も書かなきゃだし…
なんか忙しすぎて

あああああああああああああぁ~!
AHHHHHHHHH


…なんか色々な期限に追われてる生活 orz
これじゃ桐谷さんみたいだw
※「月曜から夜更かし 株主優待券」あたりを参照

Quick Japan

最近メロっぴ♡界隈で話題の「Quick Japan」(太田出版 刊)ですが
この雑誌を買うのは私にとっては2度目。

はるっぴの特集記事が載ってるのはvol.111
QJ111_h1


そして以前購入したのは
QJ103_h1
vol.103

表紙だけで誰が特集されているのかはお判りのとおりです。

今回改めて読み返して刊行された時期と今現在のHKTを考えれば
あの時期にさっしーとHKTに何がもたらされ何が起ころうとしていたのか
非常に感慨深い記事で、はるっぴ達HKTについても考えさせられる記事だと断言できます。

ある意味、HKTの歴史を語る上で第一級の資料的価値がある言って過言ではないとさえ思います。

長くなりそうなので、一旦前置きだけで次に続けます。

【速報】渡り廊下走り隊7解散!

ワロタ
まじかよ!

なんてプロレス的な…
これはCD売る気満々だな~

尾木プロは今後どういう戦略を描いてるんだろうか?

きのうのレジェンド、らぶたんが超コンディションよくってかわいかったから
私は100%らぶたんの味方です。(←単純だなw)



派生ユニットも世代交代の時期なんだろうか…

だけど、てんとうむChu!も現状カップリング止まり。

個人的には古畑、楓ちゃん、はるっぴの兼任3人娘にユニットを組んでみてもらいたい。


あと、HKT3期の矢吹奈子ちゃんを大抜擢して、難波に復帰したあの子と
「矢吹ジョー」を…
ってコレはネタ過ぎるかw

笑っていいとも!終了…

今日の午後、ネットのニュースで久々の衝撃。

3月末で笑っていいともが終了…

ついにこの時が訪れようとは夢にも思いませんでした。
物心ついたときから見てた番組でした。

私の場合、一番古い記憶は幼稚園児で3時か4時頃帰宅しTVを点けると
「お昼休みはウキウキウォッチン~♪」といいともが始まっておりました。
その後に放送されていたガッチャマン(たぶん再放送)を見るために、
ガキんちょのくせにいいともを見てました。
当時、長崎県はKTNテレビ長崎(フジ系と日テレ系のクロスネット)で夕方に
いいともが放送されていたのです。(地方あるあるですねw)
福岡で暮らしだして実はいいともはお昼に放送されていたと知ったときに
だから“お昼休みは~”って歌ってたのか!と知ったのが小学生時代でした。

祝日やお盆休み等の長期休暇でしか見れなくなりましたが、
お昼にいいともを見るというのは、朝ニュースをチェックするのと同じくらい
当たり前の事でした。

先日、書店に「AKB論」を買いにいったときに、ついつい近くにあった
「タモリ論」も買ってしまいました。
tamori
正直、この本はタイトル負けの本でしたが、まあまあ楽しく読めました。
(“論”というよりはタモリ好きのエッセイって感じでしょうか)

幼少の頃からいいともを見ているので、
眼帯をしているタモリさんや野々村真のいいとも青年隊時代も知っています。
もちろん「友達の友達は皆友達だ、世界に広げよう友達の輪!(輪!)」もねw
確か三波春夫さんはこのフレーズを即興で歌ってくれました。

で、その「タモリ論」の中でタモさんの年齢を考えれば近い将来に間違いなく訪れる
いいともの終了という現実問題についても考えさせられていた矢先の今日の発表でしたし、
「時は来た。それだけだ。」(破壊王橋本)
ってことでしょうか…。一つの時代が終わりますね…シミジミ

さてさて、“いいとも”といえば我らが支配人、月曜レギュラーのさっしー。
番組も残すところ約半年。
なんとかそのコネクションを活かしてタモさんの故郷のアイドルであるHKTを
出演させてほしいものです。
時期的には3月に3rdシングルが発売されるのが濃厚ですし、
一つの時代に駆け込みで間に合います。
“いいともに出たことがある”って、今後の芸能活動に箔が付くってものです。
ちなみにAKBは勿論ですがSKEは後半のバラエティコーナーで出演したのを見てました。
NMBは記憶にありませんが、出たかどうかご存知の方はコメント欄で情報くださいませ。

はるっぴ達がタモさんと博多トークをしてる姿を見てみたいものです。

他の地域の人には申し訳なく感じるけど華丸大吉さんとか藤井フミヤさんとか
福岡の人ががいいともに出演したときの地元ネタのトーク、
他の地域の人がついて来れず少しぽか~んとなる感じとか
それを気にしないタモさんとかあの雰囲気がかなり好きです。

そしてこの際だから、さっしーには是非、支配人として、
お昼の生放送という遠出できない生活をしていたタモさんを
開放記念(?)で博多の劇場公演に招待してほしいと思います。
プレゼントされれば律儀なタモリさんなら必ず見に来てくれるのではないでしょうか?
“タモリ、博多でHKTを観覧”なんてYahooのトップニュースにでもなったらマジで大勝利ですw

AKBtoXX

博多のスターはやっぱりタモリさんですから。

いや~、それにしても終わっちゃうのか…。
仲居くんを中心にジャニーズが日替わりで司会しながら番組継続かな~なんて思ってましたが、
いいとも=タモリ
タモリ=森田一義アワー
って切っても切れない圧倒的な存在でしたし、ちょうどいいピリオドなのかもしれませんね。

タモリさんには元気なうちにやりたいことを目いっぱいやって欲しいですし、
個人的にはNHKのブラタモリ復活、そして復活するなら、
遠出制限が無くなった記念にブラタモリ博多編が見てみたいです。

あと、鉄ちゃんのタモさんには是非JR九州の「ななつ星」にも乗車して欲しいものです。
はるっぴ王国について
2013.02.03建国
第1稿
博多の妖精を求め彷徨う

RSSはこの記事から参照
最初から読みたい方もこちらから!

§文中でわからない言葉に出会ったら
こちら
what's new
  • はるっぴへ
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
  • あの頃がいっぱい お渡し会
最新コメント
カテゴリー
記事検索
最新のHKT48公式情報
twitter
兒玉遥さんの誕生日まで
最新まとめ情報
livedoor 天気
プロフィール

ぶぶちゃん

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計ページビュー(PV)
  • 今日:
  • 累計:

DMM配信中
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
出版物


BLT_U-17

























  • ライブドアブログ