はるっぴ王国 ~Haruppi Kingdom~

HKT48、特に”はるっぴ”こと兒玉遥さんのあれこれやAKB48グループに関する話題を綴ります。

はるっぴと一緒に夢を見る仲間募集中!

楽曲

止まらない観覧車

昨日よりYouTubeでAKB48 47thシングル「シュートサイン」type-Cに収録されている
HKT48オリジナル楽曲「止まらない観覧車」MV(ショートバージョン)が公開となりました。



12秒以来のはるさくWセンターです。

めっちゃ好きなテイストの曲!
コールはイントロでMIXを打てるくらいでライブで沸くような曲ではないですし
make noiseのようにダンスが激しいわけでもないですが、
独特の世界観のある曲でMVを何回もリピートしちゃいました。
出だしの6人が寝転んで輪になってる場面から時計へかわるところとか
観覧車と時計って丸くて回り続けるという似たような物ですし、世界観が深そうな予感
早く二番までじっくり見たい!フルで見たい!!

本店カップリングにハズレ無しの法則継続中ですね。



ただ、冷静に考えると観覧車って普通止まらないと思うんですが…
パッと「止まらない観覧車」って言われると何か特別な観覧車のような気がしちゃいますね。
これが秋元康の手口だ!気をつけろ!(長井秀和風)

むしろ男心としてはこの密室が長く続けば…と
「観覧車よ!止まれ!」って思ったりしてw
それかてっぺんでキスしたい男の子が勇気を出せなくてある意味「キスが遠すぎるよ」なんて!

でも高所恐怖症の人だと、もしてっぺんで止まっちゃった日にゃ((( ;゚Д゚)))チビル

いかんいかん、妄想が過ぎたw
でも観覧車って恋愛妄想増幅装置ですよね。(無理矢理正当化!)

image


というわけで、シュートサインも格好いい曲で好きだし、発売日が楽しみです。

今更ながらこういう考察

見れば一目瞭然の話なんですが、いまいち整理できていない人も居るようなので
HKT48の歴代の劇場盤のジャケットから見える序列のお話です。

1st

2nd

3rd

4th

5th

6th

7th

8th


以前、HKTはセンターと序列が一致しないグループと書いたことがあるのですが
それを書いた当時は圧倒的超選抜の指原さんと選抜に定着しはじめていた宮脇さんの存在
を踏まえてそう表現していました。
センターではないけれど序列はセンター並みで言うなれば“センター格”とでも言いましょうか
本店選抜でも活躍するメンバーという存在ですね。

1st、2ndのジャケットを見ての通り、HKTの劇場盤のジャケットはセンターが務めるという基本路線から、
3rdでセンター+センター格という路線になったと考えています。
3rdだと並び的に
めるみお⇒センター
さっしー⇒センター格
はるさく⇒センター格補
といった並びでしょうか?

4thではるっぴが単独センターだと言われてもポジション的に3人がぐるぐるしてたので
はるっぴ⇒センター
さしさく⇒センター格
の3人ジャケット
5thも
はるさく⇒Wセンター
さっしー⇒センター格

6thに至っては氣志團さんがいる以上に指原さんの圧倒的な存在感!
7thがある意味一番はるっぴがセンターらしいジャケット。

この「センター、センター格」って分類だと今回画像は省略しますが
3rdまでは通常盤の全3タイプのジャケットと劇場盤に出るのがセンターで
2タイプに出るのがセンター格補といった具合でしたが
4thでは3タイプのジャケットにさっしーさくらはるっぴだけじゃなく実はなこみくも登場
(因みにめるみおは2タイプに登場)という異例の配置
5thまではめるみおなこみくがそれぞれ2タイプに登場しましたが
6thでめるみおなこみくも各1回の登場となり、氣志團さんのスペースの都合なのかと思いましたが
7thでも1回のみとなり、登場多寡によるジャケット序列でのセンター格補という扱いは無くなったと見ています。
そんな紆余曲折を踏まえると8thの通常盤も6、7thパターン
さしさくはるの3人にはなちゃんが増え、この4人が通常盤、劇場盤のすべてに出ています。

ここまでをおさらいすると現8th選抜では

はなちゃん⇒センター
さっしー、さくら、はるっぴ⇒センター格


めるみおなこみくは“センター格補”とは断言できない状況です。
フォーメーション的な部分やMVでの序列はさて置き、ジャケットに見る序列っていう部分では
初期のはるさくのような明確なセンター格補という扱いは無くなったようです。
まぁ3人も4人も全ジャケットに出してりゃそこが割を喰ってしまうのは仕方のないことかもしれませんが
個人的に今回この話題で声を大にして言いたかった事はそこじゃなくて
「初めてはるっぴが“センター格”という扱いである意味、一段上がったんだよ」って事です。

センターとして引っ張る立場でありつつも、どこか指原さん宮脇さんに支えられていた存在から
センター格のはなちゃんを支えつつみんなを引っ張る存在になったという事です。

はるっぴ本人も当然自覚している事でしょうが、この件をめろっぴ側もちゃんと
はるっぴを支えつつ同時にHKT自体を盛り上げていかなくちゃダメだよね!
って認識しておかないと「推しだけ良ければそれでいいのか?」というグループアイドルにありがちな
disり合いのウィークポイントになりますのでめろっぴのみなさん、そこんとこよろしくです。

「12秒」MV公開

昨夜劇場にて「12秒」のMVが公開され、今朝メディアでも解禁されました。
先程からはHKT48のyoutube公式チャンネルでショートバージョンが公開されました。




ファンシーな世界観がキュートな彼女達にぴったりで、発売されたらヘビロテしちゃいそうです。





うお~、かわいいぞ!なこみく~!!←



天を指さす振り付けのところ、ピタっと揃えば格好いいだろうな~!
やっぱ新曲が来るとワクワクしますね。

懐古的リフレイン

連休中、年末にまとめて大掃除!っていう時間も取れないので
少しづつ始めた部屋の整理。
昨日、部屋の雑誌類を整理していたらこんなガイドブックが出てきました。

1-149

めっちゃなつかし~!




okitakancyou
なにもかもがみななつかしいw

記事中、まだキャップにぽんこつの称号もついていなくて
「ちょっと抜けてるところがギャップもえとか書いてあるしw


そういえば当時は他のグループの事をほとんど知らない時期だったので、
はるっぴとの動物園デートしか楽しんでないし、久々に引っ張り出して
年末年始の休みにプレイしようかしら?


もえの、くーみん、あいにゃんとデートか…
ワクワクするな
もう握手券を買うことすらできないメンバーたちだし。
(ホントいつからこんな糞DDになちゃったんだろw


…で、なんで今更このガイドブックを取り上げたかっていうと、
今日気づいたんです。

image

2年経って偶然にも今、

image
この裏表紙の4人が選抜入りしてるって事に!
ただそれだけなんだけど、妙に運命的なものを感じてUPしてみました。


希望的リフレイン

まーちゃん、初選抜おめでとう!


いよいよ発売日!
た、大量の布教活動用のノベルティグッズが届くなぁ…orz

控えめにフラゲ!!

いよいよ、本日9/24に発売となった「控えめI love you !」ですが、

販売店特典の写真、はるっぴが出てるのは
image
・HMV はるっぴソロ
・TUTAYA 兒玉&宮脇

って事で、過去のHMV分はネットショップで購入していた私ですが
祝日のドライブがてら直方(ほぼ北九州・八幡)のイオンモールへ!
福岡のHMVがここしかないなんて…(参照:少々ヲタをこじらせまして…

で、ドライブして全タイプを一応購入。
握手商法だなんだと言われても、CDショップからしてみれば
「CDという商品が売れる」って事はとてつもなく重要なこと。
TUTAYAはまだ本やレンタルといった複合型なので店舗数も多いが
HMVやタワレコは縮小の一途。
データ配信とネット通販の時代に実店舗を構える事の大変さが覗える。

私もアマゾンなどの通販を利用するけど、地域経済の為にも、出来るだけ
地元のお店で買いたい主義なので握手会(参観日?w)の直前には
近所の博多応援店のお店で「なこみく」の写真付を大量に買う事でしょう。

んで、肝心のMVと特典映像は、
はるっぴ推しとして当然チームHの「アイドルの王者」収録で
ジャケット写真もはるっぴのタイプA推しってのは言わずもがな。
特典映像のナレーターがはるっぴっていうのも至れり尽くせり。
大分観光で谷が出てるのもしみじみする。(あのウザさもなつかしいw)
宮崎では芋が“チキ南”喰ってるし、熊本では智代梨が仕切ってるし
なかなか濃い1枚。

タイプBはチームK4推しの人は当然買うだろうし、
特典映像でつっつん(筒井莉子ちゃん)がフィーチャーされてるのも嬉しい。
鹿児島、佐賀、長崎なのでさくらのジャケ写ということもGood!

なのでさく食べの時(参照:ジャケットの件)のようなジャケットと収録のねじれ現象はない。

んで、タイプC
なこみくの「生意気リップス」収録、船上パーティの様子が特典映像。
個人的には残念ながら内容が薄い1枚。
でも指ヲタさん達がジャケット的には買い支えそうな気もする。

ま、今回もごちゃごちゃ言わずに全部買え!って結論ですが、
「アイドルの王者」の中毒性がヤバイ!

控えめだけど大事な歌詞

「控えめI love you!」の歌詞の中で

「あと半年のschool days」という部分がありますが、
そう!はるっぴをはじめ、高3の子達はまさに「後半年で卒業」なのです。

尚、握手会で確認したところ、
「ちゃんと卒業出来るよ!」
との事

仮に大学に進学したとしてもそれはcampus lifeですから、
やっぱり「あと半年のschool days」なんですよね。
まぁ、めるも中学校を卒業ですが、そっちは高校生活という
次のschool daysが待っていますからね。

…と考えると、このキーワードだけで
「やっぱ秋P、はるっぴの事を意識して歌詞を書いたな~」
なんて勝手に為書き認定しちゃいますw


なので、
秋P755

というこの遣り取りからしても、秋元センセは
ちゃんと“兒玉センター”の意識はして作詞してくれてたものと思われます。

で、秋Pは曲の選定と歌詞には関与するけど、ダンスやダンス中のフォーメーション、
衣装にはイメージを伝える程度でほぼ関与しないので、

兒玉センターで作詞 ⇒ 完成MVを見る ⇒ 驚く

っていう、傍から見たらプロデューサーなのに「お前が驚くなよ!」パターンw

そこら辺の経緯は、最終的にはKABAちゃんが決めた動きや振り付けをユニバーサルが
承認してるわけですし、あの感涙のセンター発表との落差だけが残念ですが、
衣装といい歌詞といい、はるっぴはちゃんと愛されてますね。
だから、僕らも自信を持って「控えめI love you!」を控えめじゃなく大々的に愛そう!
そして控えめにはるっぴ独占!!


ちなみに今回のその歌詞にちなんでHKTの高3メンバーで対談企画とか来ないかな~
なおぽんや、まいちゃん、ぴーちゃん、みなぞう込みで。
1期から3期、ドラフトまで揃ってますからね~
AKB新聞さん、是非お願いします!w



それと、学年、年齢の話のついでに今回の選抜メンバーを学年別で表すと
4th「控えめI love you!」選抜

1992 (H04)      指原莉乃
1993 (H05)
1994 (H06)      多田愛佳
1995 (H07) [大1] 穴井千尋
1996 (H08) [高3] 栗原紗英 松岡菜摘 山本茉央 兒玉遥
1997 (H09) [高2] 本村碧唯 森保まどか 木本花音 神志那結衣 宮脇咲良
1998 (H10) [高1] 朝長美桜
1999 (H11) [中3] 田島芽瑠
2000 (H12) [中2] 
2001 (H13) [中1] 矢吹奈子 田中美久
2014.08.31時点

こんな具合。
“さく食べ選抜”と比較すると
3rd「桜、みんなで食べた」選抜

1992 (H04)      指原莉乃
1993 (H05)
1994 (H06)      多田愛佳
1995 (H07) [高3] 中西智代梨 穴井千尋
1996 (H08) [高2] 松岡菜摘 兒玉遥 渕上舞
1997 (H09) [高1] 本村碧唯 森保まどか 宮脇咲良
1998 (H10) [中3] 朝長美桜 村重杏奈
1999 (H11) [中2] 田島芽瑠
2000 (H12) [中1] 秋吉優花
2001 (H13) [小6] 矢吹奈子 田中美久
2014.02.08時点
だったので、初選抜組が全員高校生で選抜の平均年齢(選抜発表時点)が
14.9歳⇒16.6歳
と半年で一気に上がりました。

とは言えHKT結成時が平均年齢13.8歳なので
3年経って16.6歳ならちょうど3歳スライドしただけ。
(ちなにみ47人全員での平均は9/9現在で16.0歳) 
★学年別生年一覧(/より右は早生まれ)
1992 (H04)      指原莉乃
1993 (H05)
1994 (H06)      坂口理子 多田愛佳 / 山田麻莉奈
1995 (H07) [大1]  草場愛 / 穴井千尋
1996 (H08) [高3] 岡本尚子 栗原紗英 松岡菜摘 山本茉央 兒玉遥 渕上舞 駒田京伽 / 今田美奈
1997 (H09) [高2] 熊沢世莉奈 梅本泉 本村碧唯 岡田栞奈 森保まどか 木本花音 植木南央 冨吉明日香 後藤泉 / 神志那結衣 宮脇咲良
1998 (H10) [高1] 下野由貴 朝長美桜 村重杏奈 若田部遥 伊藤来笑 山下エミリー / 外薗葉月
1999 (H11) [中3] 井上由莉耶 深川舞子 山内祐奈 上野遥 / 田島芽瑠 宇井真白 筒井莉子 岩花詩乃
2000 (H12) [中2] 田中優香 田中菜津美 坂本愛玲菜 秋吉優花 / 荒巻美咲
2001 (H13) [中1] 矢吹奈子 田中美久

★誕生日一覧 (年齢は2014年8月12日現在)
01月: 07日田島(14歳) 17日外薗(15歳) 24日神志那(16歳) 27日穴井(18歳) 28日荒巻(13歳) 31日宇井(14歳)
02月: 22日筒井(14歳)
03月: 05日今田(17歳) 19日宮脇(16歳) 24日山田(19歳)
04月: 01日岩花(14歳) 02日下野(16歳) 04日岡本(18歳) 17日熊沢(17歳)
05月: 15日梅本(17歳) 17日朝長(16歳) 31日本村(17歳)
06月: 07日田中優(14歳) 15日井上(15歳) 18日矢吹(13歳) 20日栗原(18歳) 26日岡田(17歳)
07月: 05日深川(15歳)  06日山内(15歳) 26日森保(17歳)、坂口(20歳) 29日村重(16歳)
08月: 08日松岡(18歳) 10日田中菜(14歳) 11日木本(17歳) 12日植木(17歳)
09月: 12日坂本(13歳)、田中美(12歳) 18日山本(17歳) 19日兒玉(17歳) 20日上野(14歳)、冨吉(16歳) 21日渕上(17歳) 26日若田部(15歳) 27日後藤(16歳)
10月: 17日草場(18歳) 24日秋吉(13歳) 31日伊藤(15歳)
11月: 21日指原(21歳)、駒田(17歳)
12月: 08日多田(19歳) 19日山下(15歳)
で、だから何?って話だけど、HKTの
“9月生まれ多過ぎ問題”と
“遥三姉妹全員9月生まれ”という謎の一致(笑)
ってこと!


う~ん、意地でもはるっぴ生誕祭には入りたいよな~

「アイドルの王者」MV(ショートVer.)公開


この曲めっちゃ好き!
はやくフルで見たい!!!





でも“スキャンダルの爆弾”は何発も喰らっちゃいけないと思うの…。

控えめ選抜の印象

昨夜、ミュージックステーションで「控えめI love you !」初披露された訳ですが、
ま、噂通りというか、噂以上の3TOPローテーションのセンターでした。
これでピンのセンターだと言われても…
はるっぴ、控えめセンター!(笑えない…w)

指原さんがHKTではセンターに立たないっていうのは、
まぼろしーーー!どんだけーーー!

大半の人はわかってる事ですが、改めて実感したことは、
HKTにおいて序列とポジションは一致しないということ。

配列には「序列」の他に「格」とでも言った方がいい要素が絡んできます。

まさに今回の3TOP、トロイカ体制はそれが顕著に現れた配置。

本店選抜格…指原、宮脇
準本店選抜格…兒玉
センター格…田島、朝長
フロント格…矢吹、田中

ここまでが最後の決めポーズのフロント7

総選挙を承けての咲良ちゃんの“格上げ”が巡りめぐって今回の配置になった要因だと考えられます。
どういう事かというと、咲良ちゃんが指原さんと並んで2列目で中央に並ぶと、
1列目がWセンターだとポジションが被さり目立たなくなってしまう為、
1列目を単独のセンターに戻す必要があった。
しかし、芽瑠ちゃんをピンで据えてしまうと美桜ちゃんはるっぴをシンメトリーで配置しなければならなくなる。
となると芽瑠ちゃんを下げてはるっぴを上げた方が収まりがよいという判断か?

とにかく3TOPという奇数ではセンターと言わざるを得ないポジションが発生してしまうので
敢えて“センター”と呼ばれるポジションは誰かと問われた時に、兒玉遥がセンターだと規定しただけで
今回のローテーションセンターは3TOP体制、それ以上でもそれ以下でもないというのが実態。
まあ、15人のスカートの色が赤と緑の2パターンで、はるっぴだけ黒のショートキュロットという
微妙な差別化とか嫌いじゃないですけどね。

そして、売り出し枠はフロントの次に上げて2列目に配置したのも今回の特徴。
岡田さん、岡本さんが選抜入りしても後列端でメリットが少なかった点の反省か?
神志那さん、栗原さんがわかりやすく目立つ所に配置されました。
なので一見するとなつまどの序列後退の印象もあるものの、
実態としては、なつまど+木本さんは別格でそれは三人で抜かれたカットにも表れていたました。
ただし、4thの売れ行き上、松岡さんのファンは危機感を持たないと次はどうなるか心配です。

ランカーであっても選抜入りできなくなったHKTの選抜。
今回、兼任の木本さんが100%の選抜活動ができないことを踏まえると、
控えめ選抜はこの一席を仕事によって使い分けすると思われます。
トークが多めならバラエティ班から、生ライブでの一曲だけの場合はダンスメンバーから
などなど、レジェンドの研究生枠のようにフレキシブルなメンバー構成ができる選抜形態。

昨夜はエヴァも見なきゃいけなかったからそこまでリピートできませんでしたが、
目を閉じて2回、音を消して2回、普通に4、5回視聴した結果が上記の印象です。

あ、曲そのものは本当にスタンダードなアイドルソングだと思います。
控えめに言っても充分なスルメ曲。
1ヶ月もすればいい意味で染み付きそうw

というわけで、皆さん、とりあえず「部活頑張れ!」
(お、おう…)

「控えめI love you!」MVショートVer.公開

HKT48公式youtubeにて、先程21時よりショートバージョンのMVが公開されました。



噂どおりの3TOPによるトロイカ体制
指01

宮01

兒01

三01
リップシーンのソロもキン斗雲のようなのに乗ってるシーンも
コレを見る限り、この3人。

ツアーと本店握手のスケジュールで自分たちの握手会の余裕がない現状で
購買力の高い総選挙結果の3TOPを前面に出して手堅く売りにきたといったところか。
ましてやウチの陣営は選挙シングル張りにつっこまざるを得ないポジション。

全国握手会が先日の夏祭りのようなイベント化をし
直接的な接触から心の交流に売り方の舵を切った48グループ。
核として個別握手はメインの販売方法だが、一ファンとしては
「曲はどうなの?」というのが一番気になっていた所なので
ここまできてやっと一安心。
あすのMステが楽しみです。

自分の感覚では曲調は「アリ」。歌詞は「判断保留」。

一日経って

今日、会う人会う人に何度「目にゴミが入った」といい訳をした事かw

今朝はなんか夢の中で泣いていました。起きたら目尻が濡れてました…
夢の内容は起きた瞬間に忘れてしまいましたが、はるっぴおめでとう的な内容だった記憶
だけど何か苦しさもある夢だった気がする。はるっぴに恥を掻かせられないプレッシャーか?w

まぁ、人生でここまでの嬉し涙を体験させてくれただけでもはるっぴに感謝!
長野オリンピックの原田雅彦氏の嬉し涙を、俺はもう笑えない。←

正直、実感としては今まで私ははるっぴに何かをしてあげられた事は一つもありません。
総選挙関係もファン側の勝手な目標とはいえ完全達成は一度も出来ていませんし、
投票的なイベントで局地的な勝利はあったものの、それがどこまで兒玉遥の支えになっているか
皆目見当もつかなかった次第です。
そんな感じで、今回のセンター起用は本当に青天の霹靂で、

私の予想では
 
本命:める単独センター
対抗:なこみく
大穴:はるさく

選抜予想も
さえまおもありえるけどりこPに報われて欲しい感が個人的には強い

といった感じでした。

芽瑠には初恋バタフライやスキ!スキ!スキップ!の
あの頃の輝きを取り戻して欲しかったから原点回帰を想定していましたが、
逆に厳しい結果。
これは、芽瑠ちゃんへの試練である以上に芽瑠ヲタへの運営からのメッセージでしょうね。
「逸材枠は聖域ではない。
UGへ推し上げれなかったのに“センターの座は揺るぎ無い”と思ってちゃ…



ダメー(C)あおいたん」


って事か

じゃあ裏を返せば、

「はるっぴセンター、3rdの初動売上、約28万枚を越えられなければ


ひょうきん懺悔室
(ダメー)(C)ひょうきん懺悔室」



まじか!
ハードル高けーぞw

で、その高いハードルを越える為のCDがこちら。
HKT48 4th Single
控えめI love you !
2014年9月24日(水) ON SALE

【初回プレス分限定特典:HKT48参観日~みんなで一緒にもりあがるっちゃん!~イベント参加券、ポケットスクールカレンダー(全16種のうち1種ランダム封入)】 

◆Type-A (CD+DVD)
TYPE-A
【CD】
01.控えめI love you !
02.今 君を想う
03.アイドルの王者 / HKT48 Team H
04.控えめI love you !(Instrumental)
05.今 君を想う(Instrumental)
06.アイドルの王者(Instrumental)

【DVD】
・控えめI love you ! Music Video
・アイドルの王者 Music Video
・特典映像
HKT48 九州7県ツアー ご当地レポ(大分・宮崎・熊本)
UMCK-5486 ¥1,524 + tax


◆Type-B (CD+DVD)
TYPE-B
【CD】
01.控えめI love you !
02.今 君を想う
03.夏の前 / HKT48 Team KⅣ
04.控えめI love you !(Instrumental)
05.今 君を想う(Instrumental)
06.夏の前(Instrumental

【DVD】
・控えめI love you ! Music Video
・夏の前 Music Video
・特典映像
HKT48 九州7県ツアー ご当地レポ(鹿児島・佐賀・長崎)
UMCK-5487 ¥1,524 + tax

◆Type-C (CD+DVD)
TYPE-C
【CD】
01.控えめI love you !
02.今 君を想う
03.生意気リップス / なこみく
04.控えめI love you !(Instrumental)
05.今 君を想う(Instrumental)
06.生意気リップス(Instrumental

【DVD】
・控えめI love you ! Music Video
・生意気リップス Music Video
・特典映像
HKT48 「進め!めんたい号!ちょっと豪華客船 貸切り船上パーティー」
UMCK-5488 ¥1,524 + tax


◆劇場盤 (CDのみ)
劇場盤
01.控えめI love you !
02.今 君を想う
03.私はブルーベリーパイ / ブルーベリーパイ
04.控えめI love you !(Instrumental)
05.今 君を想う(Instrumental)
06.私はブルーベリーパイ(Instrumental)
PROS-5009 ¥952 + tax
ジャケットを見ただけの個人的感想…
「80年代が今 流行りなの?」←

ファッションとか音楽とか流行は巡って来るって言うけど、
恋チュンも7~80年代のディスコテイストだったらしいし、
(当時はお子ちゃまでデスコとやらのことは存じませんw)
一般受けするヒット曲の予感。キタコレΣ(・ω・ノ)ノ!!
MJ収録参加者情報では割と良曲でパンチは無いがジワジワ来る系かもって噂。

ま、4日のDMMか5日のMステまで期待しとこ~♪




で、ブルーベリーパイにMV無しとかどういうことやねん(怒)
はるっぴ王国について
2013.02.03建国
第1稿
博多の妖精を求め彷徨う

RSSはこの記事から参照
最初から読みたい方もこちらから!

§文中でわからない言葉に出会ったら
こちら
what's new
  • 投票が好きって訳では無いのですが…
  • 3歩進んで2歩下がる
  • 岡本さん、さよならなんかは言わないよ
  • 岡本さん、さよならなんかは言わないよ
  • 止まらない観覧車
  • 止まらない観覧車
最新コメント
カテゴリー
記事検索
最新のHKT48公式情報
twitter
兒玉遥さんの誕生日まで
最新まとめ情報
livedoor 天気
livedoor プロフィール
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

累計ページビュー(PV)
  • 今日:
  • 累計:

DMM配信中
HKT48 LIVE!! ON DEMAND
出版物


BLT_U-17

























  • ライブドアブログ